国税庁
経営革新等支援機関とは
中小企業退職金共済
中小企業退職金共済
ミラサポ

事務所紹介

所長挨拶

当事務所は、昭和49年に現会長税理士である大橋俊彦が開業した大橋俊彦税理事務所を母体とし、平成20年、現代表税理士である私と大橋によって、税理士法人 駅西セントラル会計として設立されました。
開業以来お客様に支えられここまで来られたことに深く感謝いたしております。

一方で、昨今の中小企業を取り巻く情勢はめまぐるしく変化し、そのパートナーである会計事務所も通常の税務申告に加え、様々なサポートをするように求められてきています。 そうした流れを受け、当事務所は平成24年12月に経済産業省より認定を受けた経営革新等支援機関となり、公的機関、金融機関等と協同でさらなるお客様のサポートをできる体制を作り上げました。

また、平成25年度税制改正で大幅改正となった相続税・贈与税の対応や、平成28年1月より利用開始されているマイナンバー制度についても数多くの実績と共に親身にお客様に対応させていただいております。
日々の勉強の中で、よりお客様の発展に役立てるよう一層の努力をつんでまいります。

税理士法人 駅西セントラル会計

代表社員 税理士 高畠 外志雄

イメージ画像

<経営理念>
関与先の繁栄のために役立てる事務所を目指すこと
優秀な職員を育て社会に貢献する事務所を目指すこと

<事務所方針>
適切な帳簿指導により、お客様の経理体制をサポートをすること
お客様の納税や借入の為に、信頼性のある財務資料を作成すること
ご相談には親身になって対応し、経営に有用な情報を積極的にアドバイスすること

理念・方針

税理士紹介

会長税理士大橋 俊彦
所長税理士高畠 外志雄